TOP > PLC-Jシステム概要 > PLCとは? > PLCの技術的課題 > 高速通信を実現するためのPLC技術 > PLC製品紹介
PLCとは?
PLCの技術的課題
高速通信を実現する
ためのPLC技術
PLC製品紹介
電力線通信は、新規通信線の構築が不要という最大の利点は
あるものの、それ故の課題も存在します。
電力線を通信線路とする事から、その信号は、常にノイズの影
響や線路長による減衰作用にさらされています。
下図にその信号の流れを示します

日本でのでの広帯域PLCの利用は、屋内および屋内電力線の
延長部にある屋外コンセントや電気自動車充電装置の屋外電
力線のIn-House用途での活用のみが許可されており屋外にある
引込み線や架空線のAccess用途での活用は許可されていません。
※インターネットへ接続する環境は変わりません。
※インターネット回線が別途必要です。(光ファイバ・ADSL)
電力線通信には、雑音・信号減衰を含めた以下の課題が存在します。
不平衡線路
電力線は、高周波信号に対して不平衡な線路を形成しやすく、ノイズなどの影響を受けやすい。また、そのため高周波電流を流すと電力線から電磁波が放射されます。
線路内ノイズの影響
使用する高周波帯域では家電機器等から発生する負荷ノイズや空中を伝播する飛来ノイズなどが電力線に重畳しモデムに混入して性能へ影響を及ぼします。
信号減衰の影響
電力線での信号減衰量は非常に大きくなっています。これは、もともと電力線が高周波信号用線路でない理由と共に、電力線に接続された末端負荷や電線路長および電線路分岐の影響があると考えられます。
電力線通信は、これらの課題に打ち勝つ強力な通信方式でなければなりません。

サイト内検索

TOP > PLC-Jシステム概要 > PLCとは? > PLCの技術的課題 > 高速通信を実現するためのPLC技術 > PLC製品紹介


ご利用条件プライバシーポリシーCopyright © 2016 PLC-J. All rights reserved.